バケーションレンタル

ハワイの暮らしぶりやコンドミニアムの使い勝手

色々な情報を集めるのに便利な内覧会「オープンハウス」。

オープンハウスとは違って、実際に一定期間コンドミニアムを借りて生活をするのが

「バケーションレンタル」です。

●1週間以上ハワイに滞在するならおすすめ!

欧米でごく一般的なバカンスの利用法として親しまれている「バケーションレンタル」。

日本で言うところの貸別荘ですね。

コンドミニアムや一軒家などを家族や友人と貸し切って、のんびりと余暇を過ごすのです。

バケーションレンタルのシステムは、「暮らすように」ハワイを楽しめることが最大のメリット。

オープンハウスとは違って、がっつりハワイの暮らしを堪能出来ます。

バケーションレンタルのいいところ

知らない人の家に泊まる、というのは抵抗があるかもしれませんが

ホテルに長期滞在するより大きなメリットがあります。

ハワイでホテルに滞在する場合、スイートを選ぶ以外は1人部屋の広さしか期待出来ません。

しかし、コンドミニアムや一軒家なら、普段通りに暮らせる広さがあり、快適に過ごすことが出来ます。

しかも、オーナーは出来るかギリ借り手が着いて欲しいと思うので、設備を整えて安い金額で貸し出すのです。

ファミリー向けには赤ちゃんも安心できるおもちゃやベビーベッド、バギーまで利用可能なケースもありますし

基本的にキッチンが自由に使用出来るので、ハワイの食材を購入して自分で料理も出来ちゃいます。