不動産エージェント

不動産を購入する場合に貸し手と借り手の仲介業として携わる不動産エージェント。

どこの不動産取引でも間に仲介業者が入るものですよね。

しかし、日本とハワイではシステムや制度が違います。

不動産エージェントはとても重要になるのです。

日本人に多いハワイ不動産オーナー

団塊世代のセカンドライフとしてハワイを選んだり、

不動産投資としてコンドミニアムを検討したり

ビジネスの拡張やシステムの多様化によって

若い人から年配の方までたくさんの日本人がハワイの不動産のオーナーをされています。

ハワイには日本人や日系人が多いので日本人向けの不動産エージェントも存在するんです。

不動産エージェントの選び方

現地に繋がりがあれば、評判のいいエージェントを紹介して貰うことも出来るかもしれませんが

特にない場合はネットを上手く利用して日本語サイトのある、日本人経営の会社を選ぶのがいいでしょう。

そして不動産エージェント選びで大切なのは「会社」より「担当者」。

信頼出来て相性がよいエージェントであれば、じっくり納得のいく物件選びを手伝ってもらえます。

会社の規模や人気だけでエージェントを決めてしまうと、抱えるクライアントが多すぎてキメ細かいサービスが受けられない可能性もありますので安易に決めないようにしましょう。