カテゴリー別アーカイブ: ハワイのコンドミニアムのこと

バケーションレンタル

ハワイの暮らしぶりやコンドミニアムの使い勝手

色々な情報を集めるのに便利な内覧会「オープンハウス」。

オープンハウスとは違って、実際に一定期間コンドミニアムを借りて生活をするのが

「バケーションレンタル」です。

●1週間以上ハワイに滞在するならおすすめ!

欧米でごく一般的なバカンスの利用法として親しまれている「バケーションレンタル」。

日本で言うところの貸別荘ですね。

コンドミニアムや一軒家などを家族や友人と貸し切って、のんびりと余暇を過ごすのです。

バケーションレンタルのシステムは、「暮らすように」ハワイを楽しめることが最大のメリット。

オープンハウスとは違って、がっつりハワイの暮らしを堪能出来ます。

バケーションレンタルのいいところ

知らない人の家に泊まる、というのは抵抗があるかもしれませんが

ホテルに長期滞在するより大きなメリットがあります。

ハワイでホテルに滞在する場合、スイートを選ぶ以外は1人部屋の広さしか期待出来ません。

しかし、コンドミニアムや一軒家なら、普段通りに暮らせる広さがあり、快適に過ごすことが出来ます。

しかも、オーナーは出来るかギリ借り手が着いて欲しいと思うので、設備を整えて安い金額で貸し出すのです。

ファミリー向けには赤ちゃんも安心できるおもちゃやベビーベッド、バギーまで利用可能なケースもありますし

基本的にキッチンが自由に使用出来るので、ハワイの食材を購入して自分で料理も出来ちゃいます。

オープンハウス

「オープンハウス」は事前の予約成しに売り物件を見学できる制度。

売り主が入居したままで公開するケースも多々あり、

実際に暮らしているイメージがわきやすく、人気があります。

日本でもたまに開催されていますよね。

新築物件のモデルハウスと違って、実物の建物や周辺の環境を含めた部屋を見学できるので

実際に購入を考えているなら、メリット満載です。

オープンハウスを思いっきり活用

開催時間が限られているオープンハウス。

日当たりや近隣の騒音はその時だけではわかりにくいです。

遠慮せずにその場にいる不動産仲介者にどんどん遠慮なく質問していきましょう。

日本語が堪能な仲介業者ばかりではないので、本気でこのコンドミニアムを買いたい!と考えているなら、英語が堪能な人と一緒に行きましょう。

廊下やエレベーター、プールなどの共用スペースもしっかり確認しておきましょう。

管理状況がよくわかりますし、日本以上にハワイでは築年数を経ている物件が多いので共用スペースのチェックは大切です。

オープンハウスの楽しみ方

一般市民に手の届かない億単位の超高級コンドミニアムでも、オープンハウスなら気軽に見学が可能。

映画や撮影などにも使われたコンドミニアムであれば、聖地巡りも出来ますよ。

豪邸の住人になったつもりでセレブ気分を味わったりするのも面白いですね。

日本と違って気軽に物件を見に行けるので、ハワイの物件の相場やこだわりのポイント、自分なりの「どんな家に住みたいのか」のイメージがわきやすいので、ハワイの人々の暮らしぶりを身近に感じるためにも楽しんで足を運んでみましょう。

resort

不動産エージェント

不動産を購入する場合に貸し手と借り手の仲介業として携わる不動産エージェント。

どこの不動産取引でも間に仲介業者が入るものですよね。

しかし、日本とハワイではシステムや制度が違います。

不動産エージェントはとても重要になるのです。

日本人に多いハワイ不動産オーナー

団塊世代のセカンドライフとしてハワイを選んだり、

不動産投資としてコンドミニアムを検討したり

ビジネスの拡張やシステムの多様化によって

若い人から年配の方までたくさんの日本人がハワイの不動産のオーナーをされています。

ハワイには日本人や日系人が多いので日本人向けの不動産エージェントも存在するんです。

不動産エージェントの選び方

現地に繋がりがあれば、評判のいいエージェントを紹介して貰うことも出来るかもしれませんが

特にない場合はネットを上手く利用して日本語サイトのある、日本人経営の会社を選ぶのがいいでしょう。

そして不動産エージェント選びで大切なのは「会社」より「担当者」。

信頼出来て相性がよいエージェントであれば、じっくり納得のいく物件選びを手伝ってもらえます。

会社の規模や人気だけでエージェントを決めてしまうと、抱えるクライアントが多すぎてキメ細かいサービスが受けられない可能性もありますので安易に決めないようにしましょう。

コンドミニアムとは

不動の人気を誇る南国リゾートのハワイ。

日本のように四季おりおりの天候の変化は特になく、1年中さらっとドライ。

日本とハワイを自由に行き来したり、ハワイに住めたらと考える方は多いです。

homes-for-sale-hoboken-nj-1316365_640

ハワイの不動産の魅力

・不動産としてのコンドミニアムの魅力は安定した資産になること。

・日系人が多く日本人に対するサービスが充実していること。

・治安や地震に対するリスクが日本より比較的低いこと。

コンドミニアムのこと

ハワイの市街地近郊に一軒家をと考える方もいらっしゃいますが

今、ハワイで人気なのはコンドミニアム。

ハワイはコンドミニアム建設ラッシュで魅力的なコンドミニアムがたくさんあります。

移住される方や別荘として使う方、語学留学時など長期滞在中に利用される方が主です。

コンドミニアムとホテルの違い

ホテルでは宿泊者に提供される部屋は、スイートルーム等をのぞけば1つだけです。

しかしコンドミニアムではベッドルームにリビング・ダイニング、キッチンからなるユニットが提供されます。

ホテルよりは居住スペースが広く、食事を作ったり、ゆったり過ごしたりすることが出来ます。

ただし、ホテルのルームサービスやレストランのようなサービスは充実していません。

メイドサービスはありますが、毎日の所もあれば3日に1回の場合も。

プールやテニスコート、バーベキューグリル、ランドリールームなどの施設は充実しているところが多いです。